2019年02月12日

読む力・書く力〜予告編〜

大学入試センター試験があと1回だけになりました。
その後継の試験では記述式の問題が加えられるとのこと。
他大学もそれに随伴するように短文記述、長文記述の問題を加えていくとのこと。

一見すれば、新しい流れができた映るかもしれませんが、
国公立大学、中学入試、公立中高一貫校適性検査など
あらゆる入試ですでに記述式の問題は出題されています。

小春学院の国語指導は「読むこと」についてテクニックは求めず、
字面を素直に読み取る訓練を続けてきました。
そして、私は「読むことも書くことも同一線上にある」という持論を常に持ち続けています。
国語で出会う記述問題への対応は読むことの延長線上にある話です。

これからその話を書いていきたいと思います。

<予告編>でした。


■「国語専科特設個別講座」が3月から開講します。
 都内難関私立中学を受験予定の新小学5年生、新小学6年生を対象に
 完全1:1の個別指導を行っていきます。
 論理的な文章(筋道の通った文章)を熟読し、その内容を深くとらえる力は
 難関私立中学入試では必須のこと。
 さらに文学的文章においては、字面をとらえること、
 字面から文字に書かれていないことをとらえることが
 難関私立中学入試では必須となっています。
 深く読むとはどういうことか、読んで問題に答えるのに必要な作業とは何か、
 1問1問でしっかり得点が得られるように指導していきます。
 詳しくはこちらまでお問い合わせください。

posted by めがね先生 at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

よろしければクリックしてください。
タグクラウド