2014年11月27日

お知らせです

こんにちは。

11月もあとわずかで終わり、そして12月になり、2014年も過ぎてしまいます。

先日、「冬の教室」のご案内をホームページ上でのご案内を開始いたしました。

12月2日(火)の朝刊(朝日新聞、読売新聞、日経新聞)に「冬の教室」についての折込チラシが入ります。
小春学院(春日部市緑町)周辺の地域に限られてしまいますが、ご興味をお持ちの方はぜひご覧ください。

以上、お知らせでした。
posted by めがね先生 at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2014年11月13日

「ネット日記」

「男もすなる日記というものを女もしてみんとてするなり」
紀貫之の「土佐日記」の冒頭です。
「男が書くという日記というものを、女である私も書いてみようということで、書くのである。」
そんな現代語訳にでもなるのでしょうか。

11月9日(日)に小春学院が主催で塾の先生の勉強会がありました。

その親睦会での話。

「ブログ書いてる?」

……

最近、塾の塾長先生との間で、ブログのことが話題に出ます。

小春学院もこちら「こはるの伝言板」と「こはるスタッフブログ」の2つのブログから小春学院やわたしとスタッフのことを発信しています。でも、ここ最近は更新が滞ることがしばしば……。読んでくださる方には申し訳ない気持ちでいっぱいです。


「多くの塾長さんもすなるブログというものをめがねもしてみんとてするなり」

ということで、今回の更新があるわけです。

ここで大切なことは、塾の情報発信としてのブログには何が書かれるのかということです。

これまでの「こはるの伝言板」のエントリーをご覧になりますと、
学習の話、塾でのできごと、めがね先生のできごと・所感、塾からのお知らせ
…これぐらいでしょうか。私としてはそう大きなことを書いているつもりはありません。
ただ、一つ大切にしていることがあります。
「このブログで小春学院やめがね先生のことを知ってもらいたいな」
ということです。(めがね先生のプライベートなことはほとんどありませんが…)
そもそも、このブログをはじめたきっかけは「小春学院のことを伝えたい」という思いです。
ブログで何かをしようという気持ちは(多少のお知らせはあっても)ほとんどないのです。

例えば、国語の勉強法をここで書いたとします。
それはあくまでも参考程度のものでしかないのです。
また、このブログをご覧の方に「共感」をしてもらえればうれしいなと思うぐらいのことなのです。

ブログを書くことが「仕事」になってしまうのは、なんかおかしい気がするのです。
伝えたいことを素直に伝える場、それが「ブログ」であるように思うのです。

そうすると、以前は毎日のようにブログを書いていたのに、なぜ最近、ブログを更新しないのか。
書く時間が、別の仕事と重なり、どうしてもつくれないのです。
……、こういう言い訳はありなのでしょうか。
まあ、ブログは「仕事」ではないから、いいのかな。

こんな書き方をすると、読んでくださる方から御叱責を頂きそうですね。

それでも、お許しください。伝えたいことはたくさんあります。

・わたしたちは国語をなぜ学ぶのか
・英語の学習はいつ始めればいいのか
・ノートを使ってこんなことしたい
・伝記を読もう
・地図が書けるか
……書きたいことはあります。真剣に書きたいです。

ということで、落ち着いたらこの場で話をさせていただきます。

(言い訳ブログになってしまった……。まあ、「炎上」するほど読む人は多くないからいいでしょうか。)
posted by めがね先生 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

よろしければクリックしてください。
タグクラウド