2018年01月09日

「ノー」について思うこと(その2)〜ノーギョーだってすごいんです

こんにちは。昨年はじめた話のその2です。

ツイッターにてこんなことつぶやきました。


農業についての記事です。「ノー」ギョーとはやや強引なのですが、
農業も日々進歩しているのです。
「スマート農業」なんて言葉もあるぐらいに、農業のテクノロジーの浸透度はこれからますます進んでくると思います。
もちろん、その背景にあるのは農業が抱える諸々の課題があるのでしょう(例えば、高齢化、農産物の輸入、食の安全など)。

少し教育の現場に目を移してみましょう。農業という産業を学習する社会科ではどのように扱われているでしょう。
これは学校の教科書も、塾のテキストも一様に、農業の抱える諸々の課題を単元の最後の示し、それに対する解決(ソリューション)は特に何も示されないままに締めくくられています。
最近も授業でこのあたりのことを取り扱ったのですが、どうも今と教科書、テキストに書かれていることとタイムラグがあるように感じてしまい、顔をしかめてしまいました。

農業のテクノロジーの進歩については、その気になってインターネットで調べれば、いくらでもいろいろなことを知ることができます。統計資料はもちろん、諸々の課題に対して、農業を仕事とする人々、テクノロジーに関わる人々が、その解決に向けて取り組んでいるということも、いくらでも知ることができます。

よくよく考えてみれば、農業の抱える諸々の課題について、ここ数年、いや十年以上も同じことが書かれているように思います。児童・生徒からすれば、学んでいる「今」のこととしてとらえるだけですが、当事者からすれば、課題を課題のまま十年以上もそのままにしておくはずがないはずです。課題に対して解決を考えていこうとするのはどの仕事に携わる人にも共通する話です。しかし、それにもかかわらずなぜ教育の場で教えることだけが、課題のまま止まっているのでしょう…。

そう考えてみると、これからの教育はもっと時間を進めて、「今」という時代がもつ文脈の中で様々なソリューションを導き出していく必要があるのかもしれませんね。教育の世界、ニュースで伝えられているように課題が山盛りにあります。その課題を止まった時間軸の上だけで解決していこうとするのではなく、「今」という時代においてどのようなソリューションが考えられるかを考えていく必要のあるはずです。そういった「今」についていく、「今」を追いかけていく中で、教育の普遍的な部分が見えてくるかもしれません。

「不易流行」という言葉があります。正直、私は「不易」になるものばかりにこれまで目を向けていましたが、これからは「流行」にも目を向けて見ようと思っています。新年がスタートし1週間が過ぎました。あっという間に2018年も終わるのだろうと思います。教育は移ろいゆくものだと、最近つくづく感じます。移ろいゆくとボーっと見てばかりではなく、どう移ろっていくのかをしっかり見つめ、教育における様々な「可能性(こんなこともできる)」を追いかけていこうかと思っています。

めがね先生
posted by めがね先生 at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月08日

年頭のあいさつにかえて〜ツイッターから(「不可能性」「可能性」)〜

こんにちは。最近、ツイッターで少しずつ声を出しています。
今日、ある記事を読み、思ったことをつぶやきました。

学校でも、塾でも授業をしていて、最近「これから何ができるようになるのか」を伝えています。テクノロジーの進歩は私たちにいろいろな「可能性(こんなこともできるよ)」を増やしているのです。しかし、当の教育の現場ではどうでしょうか。

「●●はちょっとできないんじゃない」「●●は夢のまた夢よ」「●●って、現実をもっと見てみなさいよ」

消極的な意見を子どもたちがいろいろ投げかけられることが多いのではないでしょうか。

そのことがこんな記事に反映されるのでしょうか。


https://www.houdoukyoku.jp/posts/24156

新成人の悩み1位は?『将来の夢がある』は過去最低」(「ホウドウキョク」HPより)


昨年よりスマホを利用しているのですが、こんなにいろいろなことができるんだとビックリすることがたくさんあります。

テクノロジーの進歩を久しぶりに新鮮に感じてしまいました。すでにスマホでできることはたくさんあるのです。


何かができるようになるために必要なこととして、しばしば「努力」があげられます。確かに、気持ちの上で何かに打ち込むことは大切でしょう。「一生懸命に」という気持ちは大切なものです。

ただ、それと同時に「工夫」ということも大切なことも忘れてはいけません。何も考えずに、気持ちだけで「やっているぞー」というのは方向性を誤ってしまうかもしれません。「工夫」つまり「どうすればうまくいくのだろうか」ということを考えることが十分でなければ、「努力」という気持ちが先行するばかりで結果には結びつかないでしょう。


話を戻しますと、テクノロジーの進歩は私たちに「工夫」の材料を多く提供してくれているのです。

「そんなことでは●●なんてできやしないわよ」と言われてきたことも、「工夫」しだいでかなり「できる」ようになる時代になってきたと言えるでしょう。だから、どんどん「こんなこともできるんだよ」ということを子どもたちにどんどん教えていきたいものですね。ただそこに一言付け加えたいのです。「工夫次第でね」という一言です。


教育の世界はこれから子どもたちにいかに「工夫」する力を備えさせるかを伝えることに重点を置くようになってきます。

「努力」して積み重ねることはもちろんのこと、「工夫」することでもっと新しい世界が開くこともできる、ということを伝えていく場へと変わっていくのでしょう。いろいろなことを積み重ね、そしてそれらに工夫を加えることで化学反応を起こしていく教育。何だかワクワクしてきますよね。


「夢」、平たく言えば、「やりたいこと」なんていくつ持っていてもいいのです。1つにする必要はありません。それをテクノロジーが可能にしてくれる時代になってきているのです。もちろん、塾の在り方も変わってしまうかもしれませんが、まずは子どもたちにいろいろな可能性を伝えることから始めていきたい。


明日から3学期の授業が始まります。年頭のあいさつまで。


小春学院 めがね先生


posted by めがね先生 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月07日

お菓子箱つくりました

今年はこの箱にお菓子といっしょにいろんなものを詰め込みたいですね。

おいしいものを食べると、心が喜びます。勉強も楽しくなりますね。

posted by めがね先生 at 13:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2018年01月03日

毎年のことですが…(2017年度「冬の教室」正月特訓)

こんにちは。

みなさんは新年をいかがお過ごしでしょうか。

小春学院は例年通り1月1日、2日は休講ですが、その前後の12月31日、1月3日は
内部生の正月特訓を行いました。

これも毎年思うことなのですが、
本当にみんなよく勉強します。
ある程度、道筋をつけさえすれば、
子どもは自分で考えて学ぶようになるのですね。
今年もそのことを感じさせてくれました。

ひとまず「おやつタイム」の写真です。
ちょっと豪勢ですよ!
IMG_0456.JPG
(雑多な感じがしますけど…)

そして例年通りの記念撮影
(昨年乗り換えたスマホによる撮影です。)
IMG_0457.JPG
授業終了後でもみんな生き生きしています。

前回のブログでも書きましたが、
心が元気だと、学びにも元気が出るものですね。
(終わった後は、「やっと終わったか〜」という表情でしたが、
どことない充実感を出していましたね。)

教育界、あるいは社会全体で時代の変わり目にいるように思います。
教育の姿も多様化がますます進んでくるのは間違いありません。
それでもこういうちょっとみんなで同じ時間をそれぞれの学びのなかで共有する場が
これからもあるといいですね。そういう場を作っていくのも小春学院の役割の一つなのかもしれませんね。

今年もいっしょに勉強を頑張ろうね!

めがね先生
posted by めがね先生 at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

よろしければクリックしてください。