2018年01月31日

小春学院の児童・生徒の皆さんからの声(1)

こんにちは。

「ノー」についてのシリーズの途中ですが、
小春学院に現在通われている児童・生徒の皆さんの声を頂戴しました。
言葉や絵で表現してもらいましたので、今回から1人ずつご紹介いたします。

今回はこちらで。
student voice 01.jpg

中学3年生のM.Fさん(女子)からいただきました。ありがとうございました。
「合格」と示されているように、彼女は今年1月に獨協埼玉高校に合格し、
4月から進学することに決まりました。おめでとうございます。
彼女が小春学院に入ってから頑張った教科はこの絵にも描かれている数学です。
いや〜ずいぶんできるようになりましたね。冬休みから入試直前までひたすら過去の入試問題を進めていましたが、
日に日に正答率が上昇してくるのがわかりましたね。
確か中学3年生の4月から小春学院で学習を始めたのですが、最初の面談の時に「数学」にやや苦手意識があったようでしたが、何とか克服できたようですね。得意な英語をもっと伸ばし、それにかかわる仕事を考えて進学先を私立高校に今回決めたのですが、彼女の実力からすれば必ず通ると私は確信していました。本人ははじめ心配を抱えたり、いろいろ不安になったり、何していいかわからなくなったりといろいろな心の模様を描いたのではないかと思うのですが、この冬の追い込みでできる問題が増えてくる、正答率が上がってくることが目に見えてわかってきて少しは自信がついたのではないのかなと思います。
絵の中に書かれているだるまは去年から私が初詣で買ってきて教室に置いているものです。教室のはまだ片目が入っていませんが(入れ忘れです…後でいれます)、この絵ではしっかり目が入っています。合格した、次のステージがあるという実感がわいてきているのでしょう。4月からが楽しみですね。

実は小春学院は今年の受験生は彼女1人です。少人数の小春学院ですから、10人も20人も受験生はいません。今も昔も「今、目の前にいる受験生の第一志望をかなえる」というのが私が大切にしている覚悟で、これはこれからも変わりません。少人数にこだわるのはまさにその点です。本当に行きたいと本人が強く思ってくれる学校に合格して進んでもらうためのお手伝いをするのが私の仕事です。だからこそ、中学3年生の夏休みからの入会は一切受け付けないというのは、今、目の前にいる生徒に集中するための私が課している制限になります。彼女は4月から小春学院で頑張ってっくれました。それに答えることが何よりも大切だと思い、とにかく何としてでもとサポートしてきました。この結果は本人の努力によるものなのは確かであり、小春学院はその環境だけを作っただけです。という意味で、この合格は必然であり、私にすれば確信できる十分なものでした。

「おかしもたくさんあるからね☆」は冬に作った「こはるのお菓子箱」のことですね。
こちらをご覧ください!

お菓子箱といっしょにいろいろなものが詰まっている小春学院です。
最後に絵の中の言葉を引いておきましょう。
「どうぞ塾へいらっしゃい♡」
(結局、このオチでしたね…)

めがね先生


posted by めがね先生 at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182292324
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

よろしければクリックしてください。
タグクラウド