2018年02月05日

小春学院の児童・生徒の皆さんからの声(5)

こんにちは。

「小春学院の児童・生徒の皆さんからの声」シリーズの5回目です。
出来る限り多くの声を伝えられるように更新を進めています。

では、早速お届けいたしましょう。

student voice 05.jpg

小学5年生の女の子Y.kさんですね。几帳面に線を入れて丁寧に書いてくれました。ありがとう!
彼女は小学4年生から小春学院に通っています。入会前の面談の時はいろいろな不安を抱えていたことを憶えています。
算数が苦手で自分自身に大きな悩みの種になっていて、自信が相当ない様子でしたね。つらかったんだなと思いました。

「学校でぜんたいで学習をするよりも、小春で一つ一つていねいに教えてもらえるのが私にとってさいてきです。」
これもそうだよねの一言で素通りしてしまいそうな話なのですが、ここに彼女の悩みの原因があるのです。
「学校で全体で学習」というはいわゆる集団指導と呼ばれているものです。明治時代以来、日本の教育システムはこの集団指導というのが土台となって構築されてきました。アクティブラーニングにしろ、グローバル教育にしろ日本においては集団指導という土台を変えずに単に方法論を更新しているだけの話で、生徒一人一人を個別にどのように学習指導するのか、そのシステムをどのように構築するのかについては手が入っていない状態です。そうすると、その集団との距離を置きたい、置くことで輝く子どもは全体の中で下位に置かれ、器用な立ち居振る舞いができない限りにおいては、学校での勉強に前向きな姿勢を持つことができないままになってしまいます。最近、感じていることは、そのようなシステムが子ども一人一人に学ぶことに前向きにさせることが果たしてできるのだろうか、ということです。彼女の悩みの原因にはそのようなシステムの不具合があるのではないかと考えています。
「一つ一つていねいに教えてもらえる」というところに、彼女の勉強に対する願望があります。本当はみんな勉強して、何かを知りたいと思っているのです。知りたいけども、自分の学びたいことを学びたいように学べる環境がどれぐらいあるのでしょうか。

「じゅくの先生は1人1人教え方を変えているので、学校よりも学ぶかんきょうがととのっていると思います。」
これは塾の先生の経験値によるところが大きいと思います。特に、個人で塾をきりもりしていると、いろいろな子どもと出会います。学校での指導は授業前に十分に準備をしておけば一律に同じようにどのクラスでも教えることが可能ですが、一人一人がどれだけ分かっている、分かって楽しいと思ってもらえているのかは分かりません。このことは学校で教えている経験から十分にわかります。そのような集団指導をしているだけでは、個々の子どものことは分かりようがないのです。
しかし、小春学院で私一人がすべてを教えているということになると、この子は何が苦手で、何が得意で、どのくらいの深さでどのくらいの時間をかけて教えていけばいいのかは経験から見えてきます。教育に「エビデンス」を示すことが昨今の議論の進め方となっていますが、これはさすがに「エビデンス」を超えたところにある話です。塾生「1人1人教え方を変えている」ということが可能なのは、私自身は長年(二十年以上)の経験が作りあげた職人芸?だと自負しています。1人1人に向き合って指導していけば、指導の硬軟、距離感を状況に応じて変えることができるのです。
もちろん、学校の先生にも長年の経験があります。学習指導に十分長けていらっしゃるでしょう。ただし、集団指導という形式においての職人芸であり、個人個人でそれを変えられるかというと、それができる先生は未知数です(全員ができるかどうかは疑問が残ります)。

集団という場との距離をとりたい、距離をとることで輝く子はそういった職人芸を持ち合わせた先生にしっかり教えてもらうことが望ましいものと考えるのですが、いかがでしょうか。

そんな彼女、算数への苦手意識は少しずつ解消されてきたのではないかと思います。最近では自分なりの方法で学習をしています。まあ、そういうこだわりがあるというのもいいのではないでしょうかね。とにかく勉強に前向きになってさえくれればそれだけでまずは花丸です。

今、ちょうど5年生の「割合」の単元の学習中。みんなが苦手にしているところです。ここで確かな理解を築いていけば、これからもっと算数についての学びの幅が広がってきますよ。いっしょにがんばっていこうね。

めがね先生
posted by めがね先生 at 15:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182333268
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 受験ブログ 受験塾・進学塾へ

よろしければクリックしてください。
タグクラウド